【電気バリブラシとヴェーダスカルプブラシ】値段以外の大きな違いは?効果や口コミ、評価まで詳しく紹介

  • デンキバリブラシとヴェーダスカルプブラシのどちらかを購入したらいいのか悩んでいる
  • デンキバリブラシとヴェーダスカルプブラシ値段以外の大きな違いが知りたい
  • デンキバリブラシとヴェーダスカルプブラシはどんな肌悩みに効果的なのか

最近、顔の輪郭のもたつきや、しわが気になる
YouTubeでを見てたら顔の輪郭に変化があるし、白髪にも効果があるって聞いて気になってるけど高くて悩んでいる…

私もほうれい線が気になるからデンキバリブラシを購入しようか悩んでいるけど
ヤーマンのヴェーダスカルプブラシも気になってる

ニキビや毛穴に悩んでいた肌悩みが、年齢を重ねていくうちに顔の輪郭やしわの方が気になってきたお年頃。

色々調べているうちに、どうやら電気ブラシが私の肌悩みを解決してくれそう。

エレクトロンのデンキバリブラシがいいかもと思いはじめたところ、ヤーマンからデンキバリブラシの半額くらいの値段でスカルプリフトの高級版“ヴェーダスカルプブラシ”が発売されていることに気づきました。

「高い買い物なので、失敗したくないし、効果が出るものが欲しい!!!」

こう思ったアラサー美容沼が、デンキバリブラシとヴェーダスカルプブラシの違いを調べてみました。(独断と偏見も含む)

結論、私ならデンキバリブラシを選ぶ

私がデンキバリブラシを選ぶ理由を簡単にまとめると…

  • 周りの美肌の人たちはデンキバリブラシか、観月ありささんが広告塔のArtistic&Coのアリーヴォシリーズを使っている
  • 1回だけ使用したときの感動はデンキバリブラシが圧勝
  • デンキバリブラシ使用後は、夕方になってもファンデーションの溝が出来なかった
  • ヴェーダスカルプブラシは99,000円もするのに、作りは33,000円のスカルプリフトと変わらない(見た感じもチープ)
  • 使っててテンションが上がるのはデンキバリブラシ
  • ヴェーダスカルプブラシは防水って言っても、端子部分から錆びるので寿命が短そう
  • もし肌に合わなくて売ることを考えたら、デンキバリブラシの方が売りやすいし高く売れる

デンキバリブラシやミスアリーヴォを持っている友人たちに、「ヴェーダスカルプブラシと悩まんかった?」と聞いたところ、このような回答が。

10万ケチって綺麗にならなかったときの方が嫌じゃない?

確かに!綺麗になりたいから電気ブラシが欲しかったんだ

年齢もあると思いますが、在宅ワークになってからPC作業の時間が増え、本当に顔がゴルゴ13(※1)になってきた私のファンデーションの溝を防いでくれたのは、デンキバリブラシでした。

※1…ゴルゴラインやマリオネットラインが濃い顔のこと

デンキバリブラシとヴェーダスカルプブラシの価格や機能を比較

個人的な意見だけだと、偏った意見になり、選ぶ参考にならないと思うので、デンキバリブラシとヴェーダスカルプブラシの機能面や性能面も詳しく比較してみてみました。

ざっくりと2つの電気ブラシの機能の違いを説明すると

  • デンキバリブラシ:充電時間が短く、長時間使用でき、出力レベルも業務用
  • ヴェーダスカルプブラシ:お風呂でも使用可能で、スキンケアもできる

もっと詳しく違いを知りたい方は、こちらの比較表を参考にして見てください。

デンキバリブラシ

エレクトロンの電気ブラシ デンキバリブラシの写真

ヴェーダスカルプブラシ

価格 198,000円168,300円 99,000円(税込)
※サロン価格はお問い合わせください
付属機能 低周波/赤色LED/青色LED エレクトロカレント/イオン導出(SCALP用アタッチメント装着時のみ)/イオン導入/赤色LED/青色LED/バイブレーション
振動数 毎分約60,000回 毎分約7,000回
LEDの数 4個(2個:赤色LED、2個:青色LED) 10個(6個:赤色LED、4個青色LED)
防水レベル なし
IPX5
サイズ 約40×180×55mm 約W54×D180×H56mm
重さ 155g 約125.5g
充電時間 1.5時間 約3時間
連続使用時間 約300分 約30分使用可能
 おすすめの方
  • 肌のもたつきと頭皮ケアを徹底的にしたい方
  • 仕事で使用したい方
  • 長持ちする美顔器が欲しい方
  • 肌のもたつきと頭皮ケアを徹底的にしたい方
  • お風呂で使用したい方

仕事でデンキバリブラシを使用している方は、『「どっちがいい?」ってよく聞かれるけど、仕事で使うなら絶対“デンキバリブラシ”。みんな知ってるし、自分がお手入れされる立場なら、デンキバリブラシの方が嬉しいでしょ?』と。

私も美容関係の仕事をしているので、この回答を聞いてコクコク頷いてしまいました。

確かに仕事で使用するなら、長期的に使用してみたら変わらないかもしれない主成分が似た化粧品がAとBがあったら、高くても初回で感動する方の商品を使います。(初めて使ったときに、「これ凄い!」って思わないと紹介してくれた人のことを信用しないでしょ?)

デンキバリブラシとヴェーダスカルプブラシには、8つの大きな違いがある

 

デンキバリブラシとヴェーダスカルプブラシには、機能面やアフターケアで8つの大きな違いがあります。その大きな違いとは、以下の8つです。

デンキバリブラシ ヴェーダスカルプブラシ
①低周波とエレクトカレントの違い 低周波(約60,000回/分) エレクトカレント(約7,000回/分)
②イオン導入・イオン導出機能
③防水機能 IPX5
④お手入れ方法 アルコールなどでブラシを拭きあげる アタッチメント部分を水洗いする
⑤アフターサポート ブラシ交換/電池交換(共に有償)
⑥バッテリーの持ち
約300分 約30分使用可能
⑦バッテリーの寿命 約5年 毎日1回10分使用したと考えると約2年4か月※
⑧購入のしやすさ 公式サイト/楽天市場/家電量販店 販売経路限定

※スカルプリフトと同じリチウムイオン蓄電池だった場合のおおよそ目安

違いについて、1つ1つ詳しく解説していきます。

低周波とエレクトカレントの違い

  • デンキバリブラシ:低周波の約1,000回/秒の細やかな刺激が、頭はもちろん、顔、首、肩、デコルテなど身体の気になる部分に働きかけ、いきいきと美しく導きます。
  • ヴェーダスカルプブラシ:ヤーマンの独自波形「エレクトロカレント」でパチパチと肌表面を刺激してお肌を整えます。

今までEMSと呼ばれる電流の刺激を使った機能が搭載された美顔器はたくさんありましたが、低周波を搭載しているデンキバリブラシは次元が違います。

よくYouTubeやSNSで見る「1回顔に当てるだけで違いが分かる」って言われるのは、この機能のおかげです。

低周波治療は、電流の刺激によって、運動神経だけでなく感覚神経などにも働きかけ、筋肉疲労の回復や疼痛緩和を目的に用いられます。
EMSは電流の刺激によって筋収縮を起こすことで、筋力の増強を目的に用いられます。
引用元:オムロン 低周波治療器 よくある質問「低周波治療器とEMSの違いは何ですか?」

体験した感じは、そんなに大きな違いはなかったかも
デンキバリブラシの方が出力が強くて痛い分、感動があった

イオン導入・イオン導出機能の有無

ヴェーダスカルプブラシには、イオン導入・イオン導出の機能が付いています。残念ながらデンキバリブラシには、そのような機能は付いておりません。

簡単に言えば、細かい汚れを取って角質層まで美容成分を浸透させる機能です。

美容液と併用すると効果があると言われる機能で、いくらヴェーダスカルプブラシはエステ用と言っても、美容皮膚科のイオン導入の効果とは比べられるレベルではありません。

イオントリートメントとは、+と-のイオンを電極から放出することで、肌表面の古い角質汚れを吸着 (イオン導出) したり、化粧水や美容液などの美容成分 (水溶性) を角質層まで浸透 (イオン導入)したりする美顔器です。
引用元:ヤーマン 美顔器の選び方ガイド

でも「肌の調子が悪いな」というときに使うと、良くなる感じはあるので、イオン導入機能のある美顔器が1台あると生理前の肌荒れ時期には安心感が半端ないですが、ヴェーダスカルプブラシの場合はブラシが付いているので肌の摩擦感が気になりました。

イオン導入・導出機能ならArtistic&Coのミスアリーヴォやベレガのセルキュア4Tプラスの方がコットンを挟んで使用するので摩擦感もなく、使用後の肌質も好みでした

アラサー以上は、ビューティーモールのモイストセラムFCE フラーレン美容液との併用がおすすめ。

10代~20代前半なら肌悩みにもよりますが、メラノccくらいからはじめてみて、肌の様子を見てながら変えていく方が良いです。

基礎化粧品は安くても良いので、その分美顔器や美容医療にお金をかけた方が美肌への近道です。(水にお金をかけたところで変化はないんでね…)

防水機能

ヴェーダスカルプブラシには、IPX5レベルの防水機能が付いているのでお風呂の中でも使用可能ですが、底にある充電端子部分は丸出しなので、そこをしっかり乾燥させないと錆びます。

長く使いたいのであれば、使用後にお手入れしっかりしないと難しそうです。(10万もするなら、端子部分に防水対策のためにゴムの蓋みたいなのを付けて欲しい)

防水機能は魅力的ですが、お風呂で使うならスカルプリフトスカルプリフトアクティブか、いっそのこと頭皮ケア向けのニードルヘッドスパリフトでいいかなって気がします。

さすがに10万払って、1年ももたなかったらショックすぎますからね。

お手入れ方法

  • デンキバリブラシ:消毒用エタノールで拭き取り
  • ヴェーダスカルプブラシ:アタッチメントを取り外して水洗い

ヴェーダスカルプブラシの方がブラシ部分を外して丸洗いできるので、お手入れ簡単で衛生的にも◎

スカルプリフトシリーズが魅力的な部分は、ブラシ部分が取り外して洗えるところと値段が安いところです。

アフターサポート&修理費用

デンキバリブラシ ヴェーダスカルプブラシ
ブラシ交換 1本500円/32本5,500円 不明
電池交換 11,000円7,700円 あり(要問い合わせ)

デンキバリブラシ

以前は、デンキバリブラシの電池交換に11,000円かかりましたが、7,700円まで値下がりしました。(別途送料が必要)

高価なものなので、メンテナンスしながらでも長く使えると安心しますね。

ヴェーダスカルプブラシ

ヴェーダスカルプブラシのブラシ交換、電池交換ができるのかはわかりませんが、スカルプリフトは7,000円前後で電池交換はしてもらえるようなのでヴェーダスカルプブラシも同じくらいの費用かと思います。

付属品は有償で交換できるようなので、ヴェーダスカルプブラシのブラシ部分のアタッチメントもお金を出せば交換してもらえそうです。

修理費用が不明確で、防水機能が付いていても充電部分に水が入ると壊れやすく、購入後1年以上経ったら実費で修理する必要があるので長く使い続けるものではなさそうです。

バッテリーの持ち

1回の充電で使用できる時間
デンキバリブラシ 約300分
ヴェーダスカルプブラシ 約30分

1回充電するとデンキバリブラシは約300分使用できますが、ヴェーダスカルプブラシは約30分しか使用できません。

自分1人で使用されるのであれば、問題ないでしょう。ただ、複数人使用される場合や仕事で使用したい方は、デンキバリブラシ一択でしょう。

バッテリーの寿命

バッテリーの寿命 電池の種類
デンキバリブラシ 約5年 リチウムポリマー蓄電池
ヴェーダスカルプブラシ 1人で毎日1回10分使用したと考えると2年4ヶ月ほど※ リチウムイオン蓄電池

※リチウムイオン蓄電池だった場合

ヴェーダスカルプブラシの電池の種類はわかりませんでしたが、スカルプリフトと充電時間や使用時間が同じなので、スカルプリフトと同じリチウムイオン蓄電池が使用されているかと思います。

リチウムイオン蓄電池より、デンキバリブラシに使用されているリチウムポリマー蓄電池の方がバッテリーの寿命が長く、安定性が高いです。

リチウムポリマーバッテリーの特徴
・燃えにくく安定性の高い物質である
・短絡(ショート)しても化学変化を起こしてガスが発生し、セルを包装するアルミシールが膨らむだけ
密封したアルミシールが切れるとガスが外に出て元の形に戻る
そのとき内部のセルはほぼ元の機能を果たさなくなっている
・希望の形状にしやすい(例:円筒状、シート状など)
・シート状にすれば電解面積や放熱面積を広くすることができ、熱の上昇を多少緩和できる
・放電が高速である
・有害物質がリチウム・イオンより大幅に少ない
引用元:ダイヤテック株式会社 「リチウム・イオンとリチウム・ポリマーの相違点」

バッテリーの面から見ると、デンキバリブラシは高い分しっかりしていて、ヴェーダスカルプブラシは割高感は否めません。

購入しやすさ

ヴェーダスカルプブラシは、販路が限定されていて取扱いがあるお店に行って購入する必要があります。

店舗で購入となると、「化粧水も一緒にいかがでしょうか」って勧められそうでちょっと気が引けます…。

デンキバリブラシは、楽天や家電量販店でも購入可能ですが、公式サイトで購入する方が専用の化粧水や美容液が付いてくるキャンペーンがちょくちょくあるのでお得です。(公式サイトから購入する方が、修理のときも問い合わせも楽そう)

デンキバリブラシとヴェーダスカルプブラシの口コミや評価

デンキバリブラシ


デンキバリブラシは、高評価の口コミが多くて、高価だが買って後悔している方はほとんどいませんでした。

ヴェーダスカルプブラシ


ヴェーダスカルプブラシは、色んなサイトを調べましたがほとんど美容室の方の宣伝ばかりでした。

一番多く掲載されていたのは、某フリマサイトでした…。

まとめ


デンキバリブラシもヴェーダスカルプブラシも、美顔器としても頭皮ケア用品としても大活躍してくれる電気ブラシには間違いありません。

それぞれ機能や性能に色々違いはありますが、「どんな人におすすめ?」って聞かれると、

ヴェーダスカルプブラシは、「エステ機能が1台で完結」というようなバランスが良い機械ですが、電気ブラシを欲しいと思う方のほとんどが、肌質を変えたいというより、もたつきや加齢による肌悩みに効果がありそうと気になって調べているんだと思います。

ブルドッグ顔・ゴルゴ顔で悩んでいて、デンキバリブラシは予算オーバーであれば、ヴェーダスカルプブラシでなくても「低価格でも高品質」のスカルプリフトスカルプリフトアクティブで充分かと思います。(ちょっとでも出力が強い方欲しいのであれば、スカルプリフトアクティブにしましょう)



デンキバリブラシとヴェーダスカルプブラシを値段だけで悩んでいるのであれば、私ならスカルプリフトスカルプリフトアクティブを購入して、予算の残りを貯めてArtistic&Coのミスアリーヴォかフェイスリフトに資金にします。(ヒアルロン酸は35過ぎると不自然にしかならないので、やるならフェイスリフト)